事業内容と実績【電装部】

 

お客様と共に制御技術で未来を創る

 

弊社は国内全域にわたり制御技術を提供する会社です。
最も得意とする部分は、旧設備のPLC化(プログラマブル・ロジック・コントローラ)です。旧設備の電気系統更新による設備リニューアルによって、機械寿命の延命を実現します。
また、ネットワーク再構築による設備情報の把握では、既設リレー盤を一新してPLCシステムに変更できます。各制御盤間をネットワークシステムで繋ぎ、生産実績・故障実績等のきめ細かい管理を実現します。

 

 

シーケンサー・シーケンス制御のメリットについて

 

処理速度が格段に上がります。自由かつ簡単にプログラムの作成・変更ができます。装置全体のPLC化では、配線の簡素化、制御盤の省スペース化を実現します。タッチパネルと組み合わせることもでき、操作パネルをスッキリとレイアウトできます。パソコンを利用して内部の運転状況を細かくモニターすることができるので、関連設備とのトラブルの原因などを究明しやすくなります。状況にもよりますが、改造が必要になった時も内部のプログラムで解決することもできます。オプションの拡張ユニットを組み合わせることで、ネットワークに対応することもできます。装置全体のPLC化で操作性や機能が向上し、フレキシブルに富んだシステム改造が可能となります。駆動系制御の精度向上では、油圧モータを汎用サーボに変更することで定寸同期切断における位置決めの精度が向上します。

 

制御設計のシーケンサーとPLC

 

シーケンサーとはPLCの一種で、リレー回路の代替装置として開発された制御装置のことです。三菱電機が扱うPLCの商品名だったものが、シーケンサーとして世に出ていました。シーケンサーとは、シーケンス(順番)を制御するコントローラーで、スイッチや各入力信号から、あらかじめ決められた条件(この時のプログラム)に従って出力回路をコントロールするものです。

 

 

  

  

 

   

 

 

 

電装部の施工・管理実績

 

電装部で最も得意とすることは、旧設備のPLC(シーケンサー)化です。
具体的には旧設備の電気系統更新による設備リニューアルによって、機械寿命の延命を実現します。
また、ネットワーク再構築による設備情報の把握では、既設リレー盤を一新してPLCシステムに変更も可能です。
さらには各制御盤間をネットワークシステムで繋ぎ、生産実績・故障実績等のきめ細かい管理を実現するなど、
装置全体のPLC化で操作性・機能を向上することで、フレキシブル性に富んだシステム改造が可能となります。

一方、駆動系制御の精度アップでは油圧モーターを汎用サーボに変更し、
定寸同期切断における位置決めを行うことで精度の向上につなげます。

制御設計、容器搬送設備の自動化、省力化に対応し、ソフトからハードまで設計・施工管理・工事を一貫して行います。
さらに配電盤、動力盤、分電盤の製作もお客様がメンテナンスしやすいように製作いたします。

飲料充填ライン

日々進歩を続ける社会において、飲料の世界もまた同様に進化し続けております。
飽食の時代と言われて幾年月経っても、大量生産・高速制御・多品種対応と留まるところがありません。
中でも充填方法は、電気技術と主に発展して参りました。
充填機本体は、メーカー様にお任せいたしまして、付帯設備となる缶・PETの供給装置の類も同様に進化してまいりました。
このセクションを弊社が受け持っており、電気制御及び電気工事に長年携わっております。

搬送ライン

PLCを利用した制御では、製造するラインの途中にある様々なラベル張り機・製品検査機・各種検査装置を経由して、多種多様な搬送制御に対応いたします。

制御盤製作

盤の設計・製作・搬入を一貫して行います。

充填設備

充填設備を取り巻く環境の設備である缶フタ・空PET・缶洗浄装置などの電気制御(PLC)および電気工事を行っております。

 

 

Page Top